ルート配送はここが大変!

突然のハプニングにも臨機応変に対応しよう

取引先への配達中、何が起こるか分かりません。例えばいつも通る道が事故や土砂災害などで通行止めになることもあるでしょう。またうっかり荷物の積み忘れが生じる可能性もあります。なかなか荷物が届かず怒っているかもしれませんし、いずれにせよ迷惑をかけてしまうことになるでしょう。さまざまなハプニングが起こる可能性があり、さらにどんな状況でも客は待っていることが、ルート配達の大変さと言えます。ハプニングに動じずに、しっかり対応して臨機応変に動くことが必要です。例えば荷物の積み忘れがあったときは、また会社まで荷物を取りに行くのが良いのか、それとも客の所に連絡して後日のお届けでもかまわないか相談してみるか、何がベストな方法なのか咄嗟に判断することが大切です。

短期は損気!イライラせずに配達を楽しむ気持ちで!

荷物が届くのを客が待っている中、道路が渋滞しているとイライラして焦りますよね。そんな中、必死でなんとかして配達したものの、遅れたことで客に怒られたらまたイライラしてしまうかもしれません。ルート配達の仕事は、短気な人はストレスを感じてしまうこともあるでしょう。けれども短期は損気です。道が混んでいてイライラして事故を起こしてしまっては、どうしようもないですよね。混まない抜け道を調べておくなど、イライラせずに済む対策を取ることも大切です。客に怒られても、真摯に謝ることで客もきっと分かってくれるでしょう。一生懸命に配達する姿を見せることで、客の怒りもおさまるものです。ルート配達の仕事は厳しいこともありますが、だんだんと慣れてくると配達を楽しむくらいの余裕も生まれてきますよ!