ルート配送の仕事が向いている人

時間の使い方が上手で段取りするのが得意

ルート配送というのは、決められた取引先を順番に回って荷物をそれぞれ届ける仕事です。取引先によって、だいたいの納品時間が決まっています。その商品が昼までに必要な客もいれば、特に時間指定はない客などさまざまです。道が混む可能性もあるので、急ぎの客の所から優先して回っていきます。取引先客の位置関係も把握して、時間をロスしないように経路も考えなければなりません。

このような点から見ても、ルート配達の仕事は段取り上手な人が向いていると言えます。会社を出発する前から、回る順序などを計画しておくことでスムーズに配達できるでしょう。また時間との勝負になってくる面もあるので、時間の使い方が上手であることも重要と言えます。

運転が好きで地理に詳しい

配達をする際、上司からだいたいの経路は教えてもらえます。けれども運転中、急遽、計画とは違う順番に取引先を回らなければならないことになるかもしれませんよね。またいつもは混んでいない道が、事故で突然渋滞になることもあります。そんな際に、地理に詳しければ抜け道を使って配達することもできます。日頃から運転が好きで地理にも自信がある人なら、1日中あちこち配達して回るのも苦痛ではないでしょう。臨機応変に、ベストな道を選びながら配達ができるので早く配達完了できるはずです。その結果ストレスも少なくて済みますし、やりがいを感じながら働くことができます。運転が好きならば、ルート配達の仕事にトライしてみてはどうでしょうか。