ここが知りたい!ルート配送業と運送業はどこが違う?

ルート配送の基礎知識

トラックなどの車両を用いた物流の仕事は求人が比較的多いことで知られています。大きなカテゴリーとしては運送業になりますが、そのなかでもルート配送の仕事には明確な特徴があります。そのひとつは、配送先が決まっている点です。倉庫から工場、工場から店舗など、車両に荷物を積む場所と届ける場所が決まっているのが通例です。配送先が決まっているので自然と走行ルートも決まっていて、道に迷う心配はほとんどありません。また、運ぶ荷物もほぼ変わらないのが一般的なので、全体的に同じ業務のくりかえしが基本になります。宅配便など一般的な運送業では荷物や配送先がバラバラな場合がめずらしくないので、ルート配送とは大きく異なります。

配送ルートはいろいろあります

ルート配送の仕事に就くと、トラックなどの車両を運転している時間が長くなりがちです。荷物を破損させずに運ぶため、適切なドライビングテクニックが求められる仕事ですが、配送内容はバリエーションがあります。詳細な仕事内容は企業によって異なりますが、限定エリアの複数の配送先を巡る場合があれば、配送先は1カ所だがかなり遠い場合などが想定されます。どのような配送ルートがあるのか、面接などでよくチェックするとよいでしょう。荷物や走行ルートがある程度決まっているとはいえ、走行距離の違いは心身の疲労の違いにつながるおそれがあります。報酬は、ルート配送だからといって特別高額であるとは限りません。報酬の高さを重視したいなら出来高制を導入している企業を選ぶのもよいでしょう。