ルート配送とは何を運ぶの?

食品や精密機器など色んな品物を運んでいる実態

ルート配送が運んでいる品物は、契約された内容によって大きく異なってきます。配送先が食品を取り扱うお店の場合、基本的に食材を中心に運んでいき、同じルートで運び続けるのが特徴です。電気屋もしくは製造工場などが配送先の時、主に部品や精密機器を運んでいくケースがほとんどです。このように配送先の契約によって、どのような品物を運ぶのか大きく異なっているのが実態になります。非常に危険な物を配送する訳ではないので、車の運転免許を取得していれば、ルート配送の求人に応募できることが多いです。どうしても配送する品物が何か気になる場合は、ルート配送求人を出している会社に直接問い合わせすれば、丁寧に教えてもらえるので安心です。

劣化もしくは破損しないように配送することが大切

常に同じルートで配送していくのがルート配送の仕事になります。状況によって多少配送しなくてはいけない品物が変化するのですが基本的に同じ品物を運んでいき、配送先の品物補充を実施します。運んでいる品物に対し、劣化もしくは破損しないように細心の注意を払いながら運んでいないといけないです。もし劣化や破損を起こしてしまった場合、大きな損失が被る恐れが出てくるので、スピーディーで尚且つ安全にルート配送するのがポイントです。素早く安全に運んでいけば、極力劣化や破損などのトラブルを起こさないで済みます。ただ台風や大雨の他に雪など大変な天候時でもほぼ時間通りに運ばなくてはいけないので、とても大変な仕事になっています。

ルート配送は運転だけでなく、商品の積み下ろしや届け先との軽いやりとりなどの仕事も伴います。ルート配送の転職で新しい町との出会い、沢山の人とのつながりが期待できます。