ルート配送で実感できるやりがいとは?

ルート配送のメリットには何がある?

ルート配送ドライバーは、時間と行く場所が決まっています。時間内に終わるので、長時間労働をすることがあまり多くありません。ほとんど固定給のところが多く、営業職のようなノルマもありません。取引先も複数店舗あるため、仕事がなくならず、安定しています。残業時間が少ないことから、プライベート時間も大切にすることができます。

この仕事のやりがいは、お客様と触れ合えることが最大のメリットと言えます。お客様と交流をする機会がないドライバーに比べると、ルート配送の仕事は、顔なじみになったお客様が声をかけてくれます。お礼の言葉や、ねぎらいの言葉をかけてもらうことで、仕事に対するやる気が生まれます。お客様との交流が原動力になり、やりがいへとつながっていきます。

始める前に知っておこう、ルート配送求人のデメリット

ルート配送ドライバーは、毎日同じ時間に同じ道を通り、配送先へと物品を届けます。そのため変化がなく、新鮮味がないように感じられることもあります。荷物の詰め込みと降ろし作業に体力が使われることもあります。運転中は、渋滞に巻き込まれてストレスを感じることもあるでしょう。また、早朝や深夜の配送をする仕事に就くと、不規則な生活になることもあります。

ルート配送の大きなデメリットは、時間厳守のプレッシャーがあるということです。配送の時間を守らなければ、待っているお客様に迷惑がかかってしまう可能性があります。時間管理が出来ず、時間にルーズな人は向いていないと言えます。しかし、一般社会人であれば時間を守ることは、当たり前なので、それほど意識することもないでしょう。

ルート配送の募集に応募するのなら自分に合っているか確認が必要です。決められたルートを走れる車が必要だったり、所定の品を運べるかも検討しなければならないからです。